ヨーロッパ最大の蚤の市、リール・ブラッドリー2019に初参戦!/ アンティークマーケット②

今回は、ヨーロッパ最大の蚤の市、リール・ブラッドリーに初参戦したときの様子をご紹介します!

北フランスのリール(Lille)という街では毎年9月の第一週末にBraderie De Lilleという、ヨーロッパ最大の蚤の市が2日間に渡って開催されます。この蚤の市ではヨーロッパ中のディーラーが集合しリールの中心街がストールで埋め尽くされます。
今年の来場者数は2日間で200万人と予想されていたほど、とても有名はイベントです。

このマーケットは一般の方も売り手として参加できるので、家の不用品のようなものから、高価な物までたくさんの物が出品されていました。

道路は封鎖され道のど真ん中にストールが設置されています

こんなユニークなものまで

2日間の予想来場者数が200万人というのも大げさではなく、ホントに凄い人の多さでした!行かれる方はスリにくれぐれも気を付けて下さいね。

蚤の市の入口(何ヶ所かあります)に無料のパンフレットが置いてあるので必ず貰った方が良いです。トイレや救護室の場所、どの通りでどのようなタイプのストールが出ているのか記載されています。

特にヨーロッパは公共トイレの数が日本よりもかなり少ないので、私もこの地図には助けれられました。そしてトイレは意外にもキレイでビックリしました!こちらも無料です。(ヨーロッパでは通常公共トイレに入るのに€0.5ほど支払うことが多いです。イギリスでは£0.2~)

実際のマップ
道路は人でいっぱい

フードストールもあります。車のフロントガラスにマップが置かれています

今回、車で行ったのですが猛検索したにもかかわらず、駐車場等の情報が乏しくてとても困りました。
そこで、私が参考にしたサイトと実際の状況をご案内します!
こちらのサイトを参考にまずはリール市街地から離れた場所に車を止めるべく向かいました。

St.Phillbertという場所の駐車場に行ってみましたが、なんと高さ制限があったため(サイトに書いてありました…)近くの駐車場と思しき場所に停めて、いざ電車で行こうとしましたが、どうやら駅が機能していないようで、いくらグーグルマップで調べてもそこからの電車での行き方が出てこず、途方に暮れつつもこの際マーケットの近くまで車で行くことに。

結果、マーケット付近にはものすごい数の車があちらこちらに停めてあり、私たちもようやく見つけたスペースに停めましたが、特に問題ありませんでした。
この2日間は取締していないのかもしれませんが、長時間停める際は自己責任でお願い致します。
近くに誰かいる際は聞いてみると良いかもしれませんね。


公園で一息

今回は日曜日に急遽イギリスから参戦&その後ベルギーまで移動しなければいけなかったので、たった2時間足らずの滞在でしたが、人が多く思いの外グッタリしてしまいました。残念ながら良い出会いもなく…
来年はもっと計画を練って参戦したいと思います!

ストールで食べたフライドポテト(フリット)はホクホクで美味しかったですよ。宝探しのお供に是非♡

フランス語ですが、当日の様子が分かる映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=Rfq9OL3If9w

341 Antiques Miho


コメント